カードローンの無利息期間って何?

カードローン商品の中には、無利息期間がついているものがたくさんあります。金融商品ごとにどのぐらいの期間が無利息なのかは異なっていて、30日間無利息というカードローンがあれば1週間だけ無利息、10日間だけ無利息など、多種多様です。無利息期間というのは、その期間には利息がかからないという期間で、利息の計算は無利息期間が過ぎてから計算がスタートすることになるという特徴があります。

もしも無利息期間中に完済できたとしたら、利息は全く払う必要がないため、実質的な金利は0%で借りたということになりますね。全てのカードローンに無利息期間がついているわけではありませんし、毎回借りるたびに無利息期間がついてくるというわけではありませんが、借りてもすぐに返済できる人にとっては、こうした期間がついていることは大きなメリットと言えるでしょう。

無利息期間付きカードローンのデメリット

無利息期間がついているカードローンには、いくつかのデメリットがあります。まず、カードローンの種類によって、最初に借り入れをした時から無利息期間のカウントがスタートされるという商品の他に、申し込みをして契約が成立した時から無利息期間が始まるという商品もあります。

今すぐに現金を借りる必要があるわけではないけれど万が一に備えてカードローンを作っておきたいという人にとっては、せっかく無利息期間という特典がついている金融商品なのに、恩恵を享受できないということもあるのです。また、無利息期間は最初の1回だけに限定されていることが多いため、2回目以降からは借りた翌日から利息の計算がスタートします。