借りる金額によっては収入を証明が必要ないこともアリ

カードローンを利用する際には、身分証明書とともに収入を証明するための収入証明書の提出が必要です。しかし、少額の借入の場合には、収入証明書の提出や提示が不要となることが多いですね。

銀行や消費者金融ごとに収入証明が不要となる線引きは異なりますが、銀行の場合だと150万円未満、消費者金融の場合には50万円未満の場合には提出不要となっている所が多いようです。

ただし、申込書の内容に不明な点がある場合には、項目の信ぴょう性を確認するために少額の借入でも収入証明書の提出が必要となることはあるので、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

収入証明書は何を提出するの?

収入証明書という書類は存在しません。これは、収入を証明するための書類ということで、サラリーマンのように給与所得を受けている人なら、年末及び年始あたりに支給される源泉徴収票でOKです。

もしもなくしてしまった人は、市役所に行って納税証明書を取得すれば、これで代用することも可能です。自営業の場合には、源泉徴収票はないので、役所で出してもらう納税証明書の提出が必要となります。

もしもパートやアルバイトでも借りられるカードローンがあり、利用するために収入証明書が必要という場合には、直近6ヶ月ぐらいの給料明細書を提出してもOKです。直近どのぐらいの期間が必要なのかは金融機関によって異なり、3ヶ月分でOKという所もあれば、1年分の明細書が必要という所もあります。